紅茶に含まれるカフェインに隠された驚きの秘密と効果を紹介

紅茶 カフェイン

 

紅茶を仕事の一息に飲むという人も多いでしょう。気分が落ち着きますので、リラックスしたい場合にも手放せません。

 

そんな紅茶ですが、カフェインが含まれていますので覚醒作用もあります。

 

コーヒーや緑茶などに比べるとどれくらい含まれているのでしょうか?

 

 

紅茶の茶葉にカフェインは多く含まれる

 

紅茶 カフェイン

 

ティータイムに頂く飲み物として、コーヒーと紅茶は定番ですよね。

 

どちらかしか飲まないという人もいれば、両方を日替わりで飲むという人もいるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

実はコーヒー豆に含まれているカフェインは、豆の重量に対しておよそ2%だと言われています。

 

一方の紅茶の茶葉からはおよそ3%のカフェインが含まれています。

 

つまりコーヒーと比べると紅茶のほうがカフェイン含有量は多いということが分かります。

 

 

コーヒーよりも紅茶のほうがカフェインは少ない

 

紅茶 カフェイン

 

では紅茶の方がコーヒーよりもカフェインは多いのでしょうか?

 

どちらかと言うと、コーヒーのほうがカフェインの量は多いと感じている人のほうが多いですよね。

 

その感覚は正解で、コーヒーは豆を焙煎し豆本来の味わいを最大の特徴としています。

 

スポンサーリンク

 

カフェインはコーヒー1杯におよそ100mg入っていると言います。

 

では紅茶というと、紅茶は茶葉にお湯を注ぎそこから出た汁を飲むので紅茶1杯でおよそ30mgしかカフェインは含まれていません。

 

豆を焙煎して飲むのか、それとも茶葉を薄めて飲むのかの違いでカフェインが含まれる量に倍以上の差が出ているのです。

 

もちろん、注ぎ方や焙煎方法、豆の種類などで差は変わりますが、紅茶は思っているほどカフェインの量は多くないのです。

 

 

ティータイムに紅茶は大正解!

 

紅茶 カフェイン

 

コーヒーと紅茶のどちらがカフェイン量を含んでいるのかと言えば、コーヒーということになります。

 

紅茶は思っているほどカフェインは多く含まれていませんので、摂取に敏感になっている人や、覚醒作用や中毒作用を怖がっている人でも安心して飲むことができます。

 

もちろん飲みすぎは、体調を壊す原因になりますのでオススメはできませんが、通常の範囲内でしたら何ら問題はありませんので、どんどん息抜きのティータイムに採用してみましょう。

 

 

紅茶を飲みすぎるとどうなる?

 

紅茶 カフェイン

 

カフェインが入っている紅茶を飲みすぎるとどうなるか、疑問に感じる点ですよね。

 

調査によれば、紅茶を飲むことによって利尿作用が発生し、トイレが近くなるということはあります。

 

ですがお腹を崩したり中毒症状がただちに現れるということはありませんので、あまり心配にならなくても良いでしょう。