ほうじ茶に含まれるカフェインは危険?含有量と効果を紹介

ほうじ茶 カフェイン

 

ほうじ茶を愛飲している人も多いでしょう。あまり知られていませんが、ほうじ茶にも少量ですが、カフェインが含まれています。

 

どういった効果がほうじ茶には含まれているのでしょうか?

 

 

ほうじ茶にはほとんどカフェインは含まれていない

 

ほうじ茶 カフェイン

 

ほうじ茶にはカフェインが少量ですが含まれています。

 

その量はほぼ0に等しいほどですので、あまり気にする必要も無いほどです。

 

スポンサーリンク

 

妊娠中の女性は特にカフェインの摂取に過敏になる傾向があります。

 

鉄分の吸収を妨げる働きがあるカフェインは、鉄分不足で悩む妊娠中の女性にとっては大きな問題になります。

 

ほうじ茶を過剰摂取しない程度で飲むことができれば、妊娠中の女性であっても不安に感じることなくカフェインを気にせずに飲むことができます。

 

 

ほうじ茶は最近まで見向きもされていなかった

 

ほうじ茶 カフェイン

 

ほうじ茶はあまり見向きもされてはきませんでしたが、最近カフェインやカテキンが入っていることが知られるようになり注目されてきました。

 

そして、茶葉をキツネ色になるまで強火でほうじて、香ばしさを引き出すことを目的にしたお茶です。

 

香ばしい香りと苦味の少ない優しい味わいが特徴で、市販されているものでは緑茶に比べても安価で購入できるのも嬉しいですよね。

 

 

緑茶に比べると安価な価格も人気のひとつ

 

ほうじ茶 カフェイン

 

緑茶と価格面で比べるだけじゃなく、成分として含まれるカフェイン量にも注目しておきたいところです。

 

緑茶に比べて、ほうじ茶は半分しかカフェインが入っていません。

 

スポンサーリンク

 

それも過剰摂取さえ避ければほぼ無視をして良いと考えられるほどですので、カフェインに過敏になる人でも、ほうじ茶を飲むことは可能です。

 

そのため、病院の医療施設や介護施設等でもほうじ茶はよく使われます。

 

 

カフェインに慣れている人でも楽しめる?

 

ほうじ茶 カフェイン

 

ほうじ茶に含まれるカフェインの量は、ほとんど入っていないに等しいので問題なく毎日の食事等に摂取できます。

 

カフェインが入っていると味が濃いと感じる人もいるかもしれません。

 

逆にカフェインが入っていないと、薄味になって美味しさを感じなくなると不安になる場合もあるでしょう。

 

確かにコーヒーや緑茶など渋みや苦味などがある飲み物では、カフェインの量が大きく関係しています。

 

ですがほうじ茶はどこかホっとする落ち着きのある味わいがあります。しっかりと味も出ていますから、カフェインに慣れてしまった人でも楽しむことができるでしょう。