カフェインを摂取することで得られる驚きの効果と秘密を紹介

カフェイン 効果

 

日常的にお茶やコーヒー、紅茶などを取り入れている人は多いことでしょう。

 

そうした人にとってカフェインは身近な存在で、あまり意識をしていないかもしれません。

 

しかしカフェインには驚きの効果が隠されていることが、最近分かってきたのです!

 

 

脳を覚醒させるのでティータイムに効果的

 

カフェイン 効果

 

カフェインの主な効果は、利尿作用や覚醒、集中力アップなどがありますね。

 

仕事や勉強疲れにホっと一息を付く飲み物として、紅茶やコーヒーはよく出されます。

 

覚醒作用をもたらし、集中力をアップさせる意味がそこに含まれていたわけです。

 

スポンサーリンク

 

昼食後のティータイムにカフェインを摂取すると、日中に襲ってくる眠気を減らしてくれる働きがあります。

 

昼食時に、よく噛まずに食事を済ますと胃が一生懸命に消化をします。

 

そこに多くの体力を使うので昼食後に一気に睡魔が襲ってくるのです。

 

 

昼寝する直前にカフェイン摂取すると目覚めがスッキリ!

 

カフェイン 効果

 

カフェインを摂取してから、体内で分解され効果を発揮するのに30分ほどかかると言われています。

 

そのため、コーヒーを飲んでからすぐに30分の昼寝を取れば、起きた時には覚醒しているので、すんなりと目を覚ますことが可能です。

 

スポンサーリンク

 

集中力が切れたからと言ってカフェインを摂取しても、効き目が出てくるのに30分はかかりますから、できれば30分前にカフェインを取ることを心がける必要があるでしょう。

 

カフェインが集中力をアップさせたり、覚醒させる効果があることは日常的に理解できるところでしょう。

 

 

カフェインは持久力がアップするとの報告も

 

カフェイン 効果

 

カフェインの効果で、最近指摘されているのが脳卒中の危険性を減らし、血流を良くするので心臓に刺激を加えることができ、持久力が身に付くという点です。

 

血流の流れを活発にさせるからこそ、覚醒作用として目が覚めることに繋がっているのですが、それでも持久力が付くというのはあまり興味をもたれていた部分ではないので、新しい考え方になっています。

 

 

カフェインの摂り過ぎによる効果は?

 

カフェイン 効果

 

そんな大きな効果が見込まれているカフェインですが、もちろん過剰摂取は害になります。

 

成人の場合は、1日に300mg程度の摂取であれば特に問題はありませんが、500mg以上を摂取すると、急性中毒症を引き起こす可能性があります。

 

何でもそうですが、「摂り過ぎ」には十分な注意が必要ですね。