妊娠中のカフェイン摂取は大丈夫?赤ちゃんへの影響と副作用

妊娠中 カフェイン

 

妊娠中は、カフェインの摂取を控えるようにと看護師から指示を受けます。

 

お腹の赤ちゃんにとってカフェインは危険な存在で、流産や早産に繋がるとの結果も出ていますからカフェインの摂取は慎重に行わなければなりません。

 

では、1日に少量でもカフェインの摂取は禁止なのでしょうか?

 

 

妊娠中はカフェインの摂取は控える

 

妊娠中 カフェイン

 

助産師からも注意を受け、子育てサイトなどでも頻繁に「妊娠中から授乳期にかけての母親は、カフェインの摂取は控えましょう」との案内文が掲載されます。

 

スポンサーリンク

 

医学的にも、赤ちゃんとカフェインの相性が悪いことが知られているので、母親としては控えるのが無難になるのです。

 

妊娠中にカフェインを摂取すると、どういったメカニズムで赤ちゃんに影響が出るのでしょうか。

 

 

赤ちゃんにカフェインが蓄積して・・・

 

妊娠中 カフェイン

 

体内にいる赤ちゃんは、母から送られる栄養を貰い成長していきます。

 

母がカフェインを摂取すると、微量ですが赤ちゃんにも送られてきて悪さをすると言われているのです。

 

その悪さのもっとも顕著なものとして、赤ちゃんの肝臓にカフェインが蓄積し、発達障害や胎児が死亡する危険性があるのです。

 

またこうした結果にカフェインが関係しているとの報告もあります。

 

 

カフェインにはカルシウムの吸収を阻害する働きも

 

妊娠中 カフェイン

 

カフェインには利尿作用があります。それだけでなく、尿にカルシウムを多く流してしまう働きもするのです。

 

妊娠中の女性にとってカルシウムはとても重要な栄養素です。

 

スポンサーリンク

 

それが体内で分解して吸収する前に、カフェインが尿として排出させてしまうので、赤ちゃんの成長を阻害して低出生体重児の原因になります。

 

 

妊娠中に飲みすぎると胎児の死亡や障害が残る可能性も・・・

 

妊娠中 カフェイン

 

妊娠中の女性がカフェインを摂取することで、母体のアドレナリンが増えて血流を減らします。

 

血液の中には酸素や栄養素など生きていく上で欠かせない大切な成分が多く含まれています。

 

胎児はそれを吸収して栄養を補っているのですが、血流が悪くなればそれだけ酸素と栄養が胎児に届かなくなります。

 

すると胎児の血管が収縮して退治が低酸素状態に陥り、発達障害や死亡という最悪の結果を招く恐れがあるのです。

 

 

妊娠中は1日100mgを限度と考えよう

 

妊娠中 カフェイン

 

妊娠中のカフェインは様々な影響を及ぼすのですが、一切摂取をしてはいけないという訳ではありません。むしろ、それは不可能に近いとまで言われています。

 

胎児に悪影響を及ぼすのは、過剰摂取をした場合に限られており通常の生活で摂取する程度であれば何ら問題はありません。

 

目安として言われているのは、1日100mg、コーヒーや緑茶で考えれば1日に3杯(150ml)程度です。

 

これぐらいであれば、過剰摂取とまではいかず胎児に対しての影響もほとんど無いと考えられています。

 

逆に、妊娠する前には大好きだったコーヒーや緑茶を一切摂取してはいけないという環境は、大きなストレスになるかもしれません。

 

ストレスのほうが胎児に悪影響を及ぼしますから、1日3杯を限度として飲むことも大切です。

 

 

妊娠中にカフェインの摂取は、赤ちゃんに大きな影響を及ぼす危険性があるので怖いですよね。

 

しかし、過剰摂取をせずに、程度を守っていれば問題はありませんので、あまり怖がることなくカフェインと上手に付き合っていきましょう。