授乳中のカフェインは大丈夫?摂取したほうが良い理由と効果

授乳中 カフェイン

 

妊娠中はカフェインの摂取は控えるようにと、看護師から言われます。

 

お腹の赤ちゃんにカフェインがそのまま伝わってしまい、流産や早産などの危険性が高まるという調査結果があるからです。

 

では、無事出産をして授乳中の時に、カフェインの摂取は大丈夫なのでしょうか?

 

 

母乳を通じてカフェインが赤ちゃんに入る

 

授乳中 カフェイン

 

授乳中の母親がコーヒーや紅茶を飲んでカフェインを摂取すると、そのうちの1%程度が母乳の中に入り込みます。

 

赤ちゃんがカフェインが入った母乳を飲むことで、何か悪影響があるのではないかと言われているのです。

 

スポンサーリンク

 

しかし今のところ、母乳にあるカフェインを赤ちゃんが摂取したところで問題が発生したという結果は得られていません。

 

そのため赤ちゃんが母乳を通じてカフェインを摂取したところで、影響は無いと考えられています。

 

 

授乳中にいつもと違う行動をしたら要注意

 

授乳中 カフェイン

 

ただ、赤ちゃんにとってカフェインはとても強力な作用をもたらします。

 

そんな状態で過剰摂取をしたら、興奮気味で落ち着かなくなったり、いつもなら寝ている時間でも起きているなどの変化が出てくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんがいつも以上に不機嫌になったり、喜怒哀楽が激しい場合にはもしかしたらカフェインを母親が過剰摂取しているかもしれません。

 

いつもと感情面での変化があると思ったら、カフェインを摂り過ぎていないかどうか確認してみるのも良いでしょう。

 

 

授乳中でもカフェインは大事

 

授乳中 カフェイン

 

では授乳中にカフェインは摂らないほうが良いのでしょうか?

 

結論から言えば、適度の摂取なら問題ありません。コーヒーが好きなのに摂取できない環境に対してイライラしてしまうほうが、よっぽど赤ちゃんにとって悪影響を及ぼします。

 

母親としても、イライラした環境で過ごすよりかは気持ちがリラックスできるほうが嬉しいですよね。

 

そのため、授乳中でもコーヒーなら1日に3杯程度ならば、問題なく摂取はできるでしょう。

 

 

ストレスを抑えてくれるカフェイン

 

授乳中 カフェイン

 

授乳中のストレスをカフェインは抑えてくれる効果があります。

 

慣れない育児に気持ちが大きく揺さぶられ、感情の波が激しいのが授乳中の特徴です。

 

気持ちをリラックスさせてくれるカフェインの摂取は、実はとても重要でもあるのです。

 

しかし、コーヒーや紅茶以外にもコーラや緑茶、ココアやチョコレートなどにもカフェインは含まれています。

 

つまり何気なく摂取している食品からも摂れるので、思っている以上にカフェインを摂取しているかもしれないのです。

 

毎食や間食の中身を確認するなど、多少はカフェインの量を考えてみるのも良いでしょう。

 

 

授乳中にカフェインを摂取しても、子供に影響を与えるとは考えられていません。

 

ただ過剰摂取は危ないので、適切な方法を考えてカフェインと向き合うようにしましょうね。