子供や妊婦も安心!【玄米茶】に含まれるカフェインの効果とメリット

玄米茶 カフェイン

 

お茶の仲間の多くにはカフェインが入っています。

 

カフェインは苦味を伴っていますので、苦味が少しあり味が濃いと考えられる茶葉から抽出された液体にはカフェインが入っていると思ったほうが良いでしょう。

 

そのお茶の仲間である玄米茶が最近話題ですね。

 

実はお茶の仲間でも、カフェインの含有量は少ないとされています。そのため、子供や妊婦さんも安心して飲めると人気なのです。

 

 

ノンカフェインを謳う玄米茶も!

 

玄米茶 カフェイン

 

市販されている玄米茶の中には「ノンカフェイン」をアピールしている商品もあります。

 

製造工程によって、ノンカフェインを実現することも可能ですが、本来の味わいを求めるのであれば、微量のカフェインが配合されるものを求めるのが良いでしょう。

 

 

玄米茶はコーヒーの30分の1のカフェイン量

 

玄米茶 カフェイン

 

玄米茶に含まれているカフェインには、利尿作用や新陳代謝を活発にしてくれる作用などが含まれており、正しく用いるならば体にとってメリットです。

 

過剰摂取をすると、中毒症状を引き起こすなどの変化が現れるので、程度が重要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

カフェインと言えば、コーヒーと思い浮かべる人もいるかもしれません。コーヒーには1杯でおよそ150mg程度のカフェインが入っています。

 

その一方で、玄米茶には1杯に5mg程度しか入っていません。

 

この差からも玄米茶に含まれるカフェインはとても少なく、健康に影響を与えるほどは含まれていないことが分かりますね。

 

 

カフェインは利点が多い反面デメリットも多い

 

玄米茶 カフェイン

 

カフェインには、興奮や覚醒作用が含まれています。眠気を取り除いてくれるので、受験勉強や残業などここ一番で頑張りたい時に大きな効果が期待できます。

 

いざという時に用いるのであれば良いのですが、カフェインには厄介なことに依存をもたらす性質が含まれています。

 

スポンサーリンク

 

つまり、コーヒーや緑茶などのカフェインが多い飲料をどんどん飲みたくなってしまうのです。

 

依存してしまうと、頻繁にカフェインを摂取することになるので、寝つきが悪くなったり不眠症を引き起こすなど悪影響がでます。

 

また、子供の場合はコーラを飲みすぎるとカフェインが含まれていますから、「おねしょ」の原因になったり、夜に眠れなくなり体調不良になるなどの悪影響が心配されます。

 

 

玄米茶がもたらす利点

 

玄米茶 カフェイン

 

良い面と悪い面があるカフェイン。子供や妊婦さんはカフェインの接し方に注意が必要なんですね。

 

そこで玄米茶が注目されているわけです。カフェインが微量程度にしか入っていませんので、子供でも妊婦さんでも安心して飲むことができます。

 

独特の香りにはリラックス効果がありますので、ストレスが溜まっていたり、疲れ気味の人に玄米茶のカフェインは優しく刺激をしてくれるでしょう。

 

味も香りも、そして飲んだ後にも嬉しい効果をもたらしてくれるのが、玄米茶の利点なのです。