ジャスミン茶に含まれるカフェインは危険?含有量と効果を紹介

ジャスミン茶 カフェイン

 

ハーブティなどを飲む人が日本でも増えてきていますよね。味わいもそうですが、飲むときに香る花の匂いが癒されます。

 

その中でもジャスミン茶はより花の香りが際立つので、リラックス効果もありティータイムに愛飲する人が多くなってきました。

 

茶葉を使用していますので、気になるのがカフェインですよね。

 

眠れなくなったら困りますが、ジャスミン茶にはカフェインはどのくらい含まれているのでしょうか。

 

 

ジャスミン茶を飲用する際に気をつける点は?

 

ジャスミン茶のカフェインを摂取する上で気をつけることはあるのでしょうか。

 

普段から愛飲している人はそのまま飲み続けていても問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

カフェインは過剰摂取すると依存症になったり、中毒症状がでますがジャスミン茶ではその心配はほとんどありません。

 

耐性に個人差はありますが、ジャスミン茶に含まれるカフェインは微量なので、ほとんど体に影響を残さないのです。

 

 

香りが良く味わい深いジャスミン茶。カフェインはとても少ないので、どんな場面でも安心して飲むことができます。

 

 

ジャスミン茶は茶葉と花を組合わせたモノ

 

ジャスミン茶 カフェイン

 

ジャスミン茶とはそもそも、一般的な茶葉とジャスミンの花を組合わせることによって作られています。

 

元々あまり質が良くないと考えられている茶葉の使い道をどうするかと議論されたうえで、開発されたものです。

 

 

ジャスミン茶にはほとんどカフェインは入っていない

 

ジャスミン茶 カフェイン

 

ジャスミン茶は、基本的に茶葉を使用しているので、多少のカフェインが含有されています。

 

しかしコーヒー等と比べると、カフェインが入っている量は少量でしかなく、さらに同じ茶葉に含まれているタンニンと結合します。

 

スポンサーリンク

 

これによって、カフェインの作用が抑えられるので、子供でも安心してジャスミン茶を飲むことができます。

 

その一方で、紅茶や緑茶と違いカフェインがあまり入っていませんので、疲労回復や覚醒作用などのカフェイン本来の効果は期待できいない可能性が高いです。

 

 

栄養面からも評価が高い

 

ジャスミン茶にはビタミンCが豊富に含まれていることもあり、栄養面からの効果が期待できます。

 

そしてジャスミンの花をお湯の中に入れることによって、観賞用として視覚的な効果も期待できるなど、多用な使い方ができるのが特徴です。

 

 

ジャスミン茶は体に悪影響を与える?

 

ジャスミン茶 カフェイン

 

あまりカフェインが入っていないと言われるジャスミン茶ですが、飲みすぎるとどんな悪い影響があるでしょうか?

 

コーヒーや紅茶に比べると、ジャスミン茶のカフェイン効果は大きく下回ります。

 

そのため子供に対しても飲ませることができるのですが、そうは言ってもカフェインが入っていることには変わりありません。

 

夜寝る前に飲むと、リラックス効果は得られるのですが逆に眠れなくなる可能性もあります。

 

できれば朝起きてから飲むなどすることで、上手にカフェインを体内に摂り入れられます。