無水カフェインに隠された効果と副作用

無水カフェイン

 

コーヒーや緑茶が大好きという人も多いでしょう。カフェインが含まれていて、覚醒作用があるために、ティータイムや仕事の一息にもってこいですよね。

 

コーヒーなどに含まれるカフェインには、無水カフェインと呼ばれる性質を持つものも存在しています。どんな効き目があるのでしょうか?

 

 

水分子が分解されたカフェイン

 

無水カフェイン

 

カフェインは、自然状態では水分子と一緒になっています。コーヒーや緑茶など飲み物にカフェインは含まれているわけです。

 

スポンサーリンク

 

水分子と混ざりあうことによって摂取が簡単になっているため、気軽に体に摂り入れることが出来ています。

 

カフェインが人間に有用な効果があるとは昔から分かっていましたが、水分子を取り除くことで、無水カフェインを精製することに成功したのは最近のことです。

 

 

通常のカフェインとの違いは?

 

無水カフェイン

 

カフェインと無水カフェインに作用や効果面で大きな違いはありません。

 

飲料用に使われているのが水分子を含んでいるカフェインであり、医薬品として使われているのが錠剤などに用いられる無水カフェインという区分です。

 

スポンサーリンク

 

錠剤として服用される無水カフェインは、興奮や覚醒作用などがありますから眠気防止や疲れを取り除くなど様々なことに使用ができます。

 

さらに、鎮痛作用がありますから偏頭痛治療薬などに利用されます。

 

 

無水カフェインの副作用とは

 

無水カフェイン

 

医薬品ですから、副作用が心配されるところですが、無水カフェインにはどんな副作用があるのでしょうか?

 

無水カフェインの副作用として言われているのが、動悸や不整脈の原因になったり、利尿作用などがありますので、脱水症状や便秘を引き起こしやすいことが指摘されています。

 

さらに空腹時にカフェインが入っているコーヒーを飲むと胃酸分泌が促進されて、胃の壁を荒らしてしまう危険性があるので胃腸が弱い人は注意が必要となります。

 

無水カフェインは、軽度な依存性がありますので、劇薬指定がされています。

 

 

飲み合わせや持病を持っている人は無水カフェインに注意

 

無水カフェイン

 

無水カフェインは、処方される薬になりますので気軽に買えるものではありません。

 

飲み合わせで注意したいのが、喘息の薬であるテオフィリンと併用すると副作用が出やすくなる傾向があります。

 

胃潰瘍や心臓病、緑内障を患っている人は、慎重な使用が求められます。

 

興奮覚醒作用がありますので、特別な理由が無い限りは夜遅くの服用は避けます。

 

 

無水カフェインは、通常のカフェインとは少し違う性質を持っています。

 

しかし、作用や効果などに大きな違いはありません。

 

飲用目的か、医薬品に使用されるかの違いでしかありませんので、あまり気にすることはないでしょう。