妊婦が妊娠期間中に摂取してもいいカフェイン量と悪影響

妊婦 妊娠 カフェイン

 

妊娠をすればお腹の子供の為に様々な制限がかかります。その中に、「カフェインを控える」というものも含まれており、看護師から指示を受けた妊婦さんもいるでしょう。

 

妊娠をしたらカフェインは、お腹の子供にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

 

 

カフェインが妊婦に与える影響

 

妊婦 妊娠 カフェイン

 

お茶やコーヒーが大好きで、毎日のように摂取している人からすれば妊娠をして急にカフェインを制限されるのは困ってしまいますよね。

 

しかし、カフェインは流産や早産、さらに低出生体重児の原因になるのだと考えられています。

 

スポンサーリンク

 

そのため、絶対に摂ってはいけないという訳ではないのですが、量を抑えることが必要になるのです。

 

妊娠中は、カルシウムを摂取して子供の栄養にするために必要ですが、カフェインはそのカルシウムを利尿作用に伴い尿と一緒に排出させてしまいます。

 

またカフェインは、鉄分の吸収を妨げる働きもするのです。

 

 

1日100mg以下のカフェインならほぼ問題ない

 

妊婦 妊娠 カフェイン

 

妊婦さんに、カフェインは大きな問題に繋がるとは分かってても絶対に摂取をしてはダメという訳ではありません。

 

妊婦であっても1日に100mg以下であれば、胎児にほとんど影響を与えません。

 

そしてカルシウム不足や鉄分の吸収を妨げる働きも、100mg以下を守っていればほとんど無視できるレベルです。

 

 

ストレスを抱えるのは逆効果・・・

 

妊婦 妊娠 カフェイン

 

とは言っても、カフェインは様々なものに含まれているので知らない間に摂取していることもあります。

 

ずっとコーヒーを飲んでいた人が、妊娠をきっかけに一切飲まなくするのは難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

「コーヒーが飲みたい!」という気持ちがどんどん膨れていき、それがストレスになってしまっては意味がありません。

 

ストレスは胎児に大きな悪影響を及ぼすので、ストレスになるぐらいならば、1日1杯と限度を決めて飲むほうが良いです。

 

 

妊娠中は適度にリラックスをしながら生活を

 

妊婦 妊娠 カフェイン

 

カフェインを一切摂取しないで生活するのはとても難しいことです。

 

1日100mg以下であれば、流産などの危険性はほとんど発生しないと言われていますので、適度にリラックスするつもりで摂取するのが健康には良いです。

 

 

妊婦さんは、妊娠をすることで環境の変化が急激に発生します。その為体調を崩したり精神的に落ち着かずイライラしたりと、不安定な中で生活をします。

 

そんな時に気分を落ち着ける方法を見つけるのはとても大切です。

 

もしそれが、コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインが含まれる飲み物を頂くことだったとしても、禁止にするのではなく制限を守って飲む分には良いとされています。